読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後ろむいても何もないよ

山屋が描く日常。クライミングのはなしとか。

最後の11a

PUMP2のギャラリーにある赤棒11a、なかなか解決できずにいる。

あれ終わればコンプなんだけれど、どうも落とせず、無くなってしまいそう。

ある方に聞くと、あれスラブで12クライマーでも落とせないらしい。うーん。

誰か分かる方、教えてください。。

初めて11a触って1年くらいかな。11bコンプも1年かかるのかなぁ。

となると、13a登れるようになるのも…。いやいや、想像できない。

ここ最近出ている山に関する本

数年前から登りたい山を探すためにお世話になっている本が、「日本登山大系」だった。

2、3年前は日本登山大系を入手するために神田にある古本屋さんとか、高円寺にある古本屋さんへよく漁ってた。

今は普及版が出ていて入手しやすくなった。

日本登山大系はもちろん今でも有効で有益な情報であることには変わりない。

ルートそのものの歴史や、登攀者の心境を知りたい時はやっぱり、その時代に発行された「山と渓谷」や「岳人」あたりを探るか、「岩と雪」を探すしかなさそうだ。

Amazonへたまたま覗いてみたら、Rock & Snow の元になった本と言われている「岩と雪」がまとまった形で復刻される!これは買いでしょう。

『岩と雪』 Best Selection

『岩と雪』 Best Selection

日本登山大系でも普及版が出てきたように、私が単に視野が広がったからなのかわからないが、登攀者にスポットを照らした本がここ最近出てくるようになってきている。

今年末あたり?か来年の始めあたりにアイスクライミングに関する本が出てくるようだ。

私が気に入ってる本の一部を紹介します。

(アフィリエイトリンクになってます)

新版 日本の岩場 上巻 (CLIMBING GUIDE BOOKS)

新版 日本の岩場 上巻 (CLIMBING GUIDE BOOKS)

新版 日本の岩場 下巻 (CLIMBING GUIDE BOOKS)

新版 日本の岩場 下巻 (CLIMBING GUIDE BOOKS)

近状

北アルプスは粛々と降ってきているようだ。

あの出来事に対して、多くの人に心配や迷惑をかけてしまった。

その中で、自分自身が分からなくなってしまうほど、信頼関係を蔑にしてしまった。

私は言葉で自分の誠意を示すのは不得意で、きちんと行動で、少しずつ恩返ししていきたい。

f:id:makotoworld:20161029093032j:plain