後ろむいても何もないよ

攀じる意味を追求する日々

小川山 御岳 三峰 ボルダー図集

小川山ボルダーの課題数をネット情報から調べてみました。

100岩場:(御岳102本、裏御岳18本、三峰50本、小川山252本で計422本)

黒本(小川山、御岳、三峰含む):1215本

黒本の方が載っている課題数が多すぎますし、気にになりますね。

やはり黒本を手に、ムーヴの引き出しを増やしたい衝動が起きます。

しかし、黒本は2011年頃が最後の出版年で、結構プレミア付いてしまっています。

某サイトでは6000円だったり…。

ダメ元でTwitterでつぶやいてみたら・・・。なんと譲って頂ける方が現れました!ありがとうございます>< 大切に使わせて頂きます。

さて、黒本で小川山の課題を調べて見ると、

グレード
10級 51
9級 23
8級 38
7級 38
6級 39
5級 33
4級 44
3級 52
2級 34
1級 41
1級/初段 1
初段 33
二段 10
三段 8
四段 2
project 3
総計 450

でした。

10級から8級までの課題をクリアするのにどのくらいかかるか想像してみました。

全て112課題あります。1課題10分クリアすることを想定してみると、1120分かかります。岩への移動時間は無視です。

1120分を時間に直すと、18時間かかるっぽいですね。

ここ最近注目されているトラッドクライマーである倉上慶太様は黒本全ての課題を完登するのに10年を要したようです。

単純計算で土日に8時間登りに行ったとして、1年間で960時間。10年だと、9600時間になります。

黒本全ての課題はmickipediaさんのブログだと、1215課題あるようです。

9600時間÷1215課題、1課題約7.9時間かかっている計算ですね。

黒本には、五段が1本、四段が4本、三段が19本、二段が26本、初段が76本!あります・・・。

1課題あたりの平均完登時間が約8時間が短いか長いかは・・・。

とりあえず、夏休み中にまず小川山でどこまでできるかやってみようと思います笑